内視鏡室のご案内

MENU

診療科・部門のご案内

内視鏡室のご案内

概要

内視鏡室では、『おなかが痛い』『食事の前後で胃が痛む』『胸が焼ける』『胃のむかつき』、『吐き気がある、吐いた』『食欲がない』『便秘や下痢がつづいている』『黒い便・血便がでた』などの症状のある方、定期的検査、ドック、検診を対象に胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査で診断と治療を行っています。
特殊なものとして内視鏡を使って胆道や膵管の状態を調べる内視鏡的逆行性膵胆管造影を行っています。
検査も患者さまに負担がないよう丁寧を心がけ、感染対策も十分に実施しています。安心してお任せください。

当院の取り組みとして

患者様に楽に検査してもらうために鎮静剤も使用可能です(ドック、検診は不可)
嘔吐反射が少ない経鼻内視鏡検査もあります。
忙しい方のために胃・大腸同時検査が可能です。ご希望の方はお申し出ください。

治療として
  • ・胃カメラ時ピロリ菌検査も必要時実施
  • ・早期胃がん治療(胃ESD)
  • ・大腸検査時ポリープ切除や早期大腸がん治療(大腸EMR、大腸ESD)
  • ・消化器異物除去術、(食道、胃内の異物、アニサキスなどの除去)
  • ・内視鏡止血術(胃、十二指腸潰瘍からの出血、大腸からの出血)
  • ・内視鏡的胆道結石除去術 内視鏡胆道ステント留置術
  • ・イレウス管挿入
  • ・内視鏡的胃瘻造設、胃瘻交換

機器の紹介

内視鏡室 

精密高度な治療を行うために必要なものがすぐ手に届くように整然と置かれている内視鏡室です。

内視鏡システム 富士フィルムメディカル社製 6000システム 

LED光源を搭載した内視鏡システムです。
BLI(Blue LASER image)での粘膜表面の観察、LCI( Linked ColorImaging)での炎症、非炎症部位の観察が経鼻内視鏡でも可能となり、また画質が大幅に向上したため、苦痛の少ない細い経鼻内視鏡でも、非常に正確な診断ができるようになりました。
大腸内視鏡も高画質で正確な診断が可能です。

内視鏡システム
軟性内視鏡用洗浄消毒器 ENDOSTREAM ESR-200 

内視鏡学会が推奨する高水準消毒薬の内視鏡洗浄機を使用しています。

ページの上部へ移動します