整形外科のご案内

MENU

診療科・部門のご案内

整形外科のご案内

概要

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢を主な治療対象にしています。

背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手の外科」と「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」と「足の外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ医学」、「リウマチ外科」、腫瘍(できもの)を扱う「骨・軟部腫瘍外科」、骨粗鬆症などを扱う「骨代謝外来」と多数の専門分野があります。

対象疾患

  • 一般外傷

    (スポーツ障害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折など)


    主な疾患
    橈骨遠位端骨折、大腿骨骨折、上腕骨骨折、鎖骨骨折、アキレス腱断裂など

    症状
    手をついた時や転んだ時などに受傷し、強い痛みと腫れがあります。

    治療
    保存的治療と手術療法があります。
    手術では、髄内釘やプレートとスクリューを用いた観血的固定術を行っています。 
    腱などは縫合術(場合によって人工靭帯を使用)を行い、術後はギブスにて固定します。

  • 脊椎外科

    (脊椎外科専門医が担当します。)
    (脊椎手術では、神経モニターを行い、神経保護に努めます。)


    主な疾患
    頸椎症性脊髄症、神経根症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、圧迫骨折、脊椎外傷など

    症状
    脊髄症は、手指の運動障害や四肢の感覚障害がみられます。神経根症は片側上肢の痛みやしびれを生じます。
    腰椎疾患では、腰から足にかけての痛みで歩行困難となり、進行すると下肢麻痺・膀胱直腸障害を呈することがあります。

    治療
    症状にあわせて投薬治療やコルセット・カラー固定、リハビリを行います。また、ヘルニアに対しては椎間板内に薬剤を直接注入して神経圧迫を弱める方法(ヘルニコア)があります。
    症状の改善が見られない場合は、神経の圧迫を除去したり脊椎を固定する手術を行います。また、つぶれた背骨に対し経皮的にセメントで固める手術を行うことの出来る専門医が対応しております。当院では安全に脊椎手術を行うため神経モニタリングシステムを導入しており、神経モニターすることで神経保護に努めています。

  • 手の外科

    (手の外科専門医が担当します。)


    主な疾患
    ばね指、手根管症候群、ドケルバン病、デュプイトラン拘縮、母指CM関節症、TFCC損傷、手指のけがなど

    症状
    ばね指は、指の付け根の痛みやバネ現象が生じます。
    手根管症候群は、小指以外のしびれや母指の付け根が痩せてきて細かい作業が困難となりOKサインができにくくなります。
    ドケルバン病は、母指の使い過ぎによる炎症です。手をグーにして手首を内側にひねると痛みが強くなります。
    デュプイトラン拘縮は、手のひらから指にかけてしこりができ徐々に指が伸ばしにくくなります。
    母指CM関節症は、親指の付け根の軟骨がすり減ることで痛みや動きの制限などが生じます。
    TFCC損傷は、タオル絞りやドアノブの開閉などの動きで手首の小指側に痛みがあります。
    スポーツや包丁を使っている時のけがとして、突き指や指先を切ることで腱断裂や骨折を伴うことがあります。

    治療
    炎症に対してステロイド注射を行います。関節の破壊や腱断裂・骨折を認める場合は手術を行います。

  • 関節外科(人工関節、関節鏡など )

    主な疾患
    変形性膝関節症、変形性股関節症、半月板損傷など

    症状
    関節部の異常や老化が原因で、関節可動域の制限や痛みが出現して正常な歩行が困難になります。

    治療
    炎症や痛みに対して薬物療法や局所注射を行います。
    手術では、人工関節置換術を行っています。半月板損傷に対しては侵襲の少ない内視鏡手術を行っています。

  • 骨粗鬆症

    (骨粗鬆症マネージャーが中心となりきめ細やかな管理をおこないます )



    主な疾患
    骨粗鬆症性椎体骨折(いわゆる高齢者の背骨の骨折、圧迫骨折)を積極的に行っています。

    治療
    骨密度検査や骨代謝マーカーを測定し、適切な治療を行っています。また、つぶれた背骨に対し経皮的にセメントで固める手術を行うことのできる専門医が対応しております。

  • BKP治療

    (詳細はこちら)
    骨粗鬆性椎体骨折(いわゆる高齢者の背骨の骨折、圧迫骨折)の治療を積極的に行っています


対応が困難な症例に対しては、東京医科大学八王子医療センター、 東海大学八王子病院などの高度医療機関と連携しております。

診療実績(手術・検査など)

2019年 手術実績

・脊椎外科 129件

・手の外科 313件

・人工関節手術 41件

機器の紹介
神経モニターシステム 

脊椎手術時に神経を傷つけないようモニタリングをおこなうことで、より安全に配慮しています。

骨塩定量検査GE製PRODIGY Fuga 

腰椎正面および大腿骨を一度のポジショニングでスキャン可能。骨領域を自動認識して撮影を行 い、検査に使用する緑量は胸部レントゲンの約1/6 程度の低被ばくです。検査結果が表として描出されるので、定期的に検査を行う事で骨密度の推移を確認する事が可能です。

2019年 手術実績 615件
脊椎外科 129例
(うちBKP 60例)
手の外科 313例
人工関節手術 41例

医師紹介

山本 淳一
山本 淳一 やまもと じゅんいち
役職 理事長
専門・取得資格等 マンモグラフィー読影認定医
身体障害指定医(膀胱・直腸障害、肢体不自由)
日本医師会認定産業医
健康スポーツ医

雇用形態 常勤
メッセージ 仁和会は1946年2月より地域の皆様と共に歩んでまいりました。日夜皆様の健康を守るべく全力で取り組んでおります。丁寧な診療、わかりやすい言葉での説明を心がけ、コミュニケーションを深める事が大事と考えております。どうぞ何なりとお気軽にご相談下さい。
諸橋 彰
諸橋 彰 もろはし あきら
役職 病院長
専門・取得資格等 日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本手外科学会認定手の外科専門医

雇用形態 常勤
メッセージ 整形外科は変形疾患や外傷、あるいはそれに伴った機能障害を扱う科です。患者の皆様のニーズに応えられるよう努力していきたいと思います。 
堀田 緒留人
堀田 緒留人 ほった おると
役職 整形外科部長
専門・取得資格等 日本整形外科学会・専門医
日本整形外科学会・脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
麻酔科標榜医

雇用形態 常勤
メッセージ 東京警察病院で整形外科を学び、とりわけ脊椎外科に力を入れてきました。その経験を仁和会総合病院で生かしてゆきます。脊椎圧迫骨折に対しては、近年導入された経皮的椎体形成術(BKP)を積極的に行います。丁寧な診療を心がけてゆきます。どんなことでも構いません、お気軽にご相談ください。
清田 毅
清田 毅 きよた つよし
専門・取得資格等 2001年千葉大学卒業
日本整形外科学会・専門医
日本整形外科学会・脊椎脊髄病医
日本整形外科学会・認定リハビリテーション医
雇用形態 常勤
メッセージ 脊椎外科を中心に、また、人工関節、外傷、変性疾患、などについても、幅広く診療してまいりました。その経験を生かし、患者さんのご希望に沿って質の高い診療を提供して参ります。つらい症状でお困りの際は是非ご相談ください。
名嘉 準一
名嘉 準一 なか じゅんいち
専門・取得資格等 整形外科一般
日本整形外科学会認定専門医
雇用形態 非常勤
メッセージ ライフワークとしては主に外傷、脊椎疾患を中心としています。
新行内 義博
新行内 義博 しんぎょううち よしひろ
雇用形態 非常勤
朝日 盛也
朝日 盛也 あさひ せいや
雇用形態 非常勤

外来担当医表

午前 諸橋
山本
(1・3・5週)
清田
(2・4週)
堀田
新行内
諸橋
朝日
清田
山本
名嘉(休診)
諸橋
山本
名嘉(休診)
清田
堀田
午後 堀田 新行内 山本 諸橋
(1・3・5週)
堀田
(2・4週)
名嘉(休診)
清田 -

午前中の受付状況等により、午後の開始時間が変更になる場合があります。

受付時間及び診療日は変更になる場合があります。
「休診・代診情報」、または電話にてご確認のうえご来院ください。
名嘉医師は、2020年内すべて休診となります。

休診・代診情報
  • 堀田 → 清田 午後 代診

ページの上部へ移動します