コラム

MENU

健康コラム

健康コラム・広報誌

  • 婦人科頼永医師

    骨盤臓器脱の改善と予防について

    婦人科 頼永 八州子

    私の外来は高齢の方が多く、骨盤臓器脱を心配して受診される方がかなりいらっしゃいますが、私はいわゆる骨盤底筋体操をしないように指導してます。その理由を、実例を挙げて説明します。

    実例①

    70代女性:下垂感を主訴に来院。いつからその症状に気づきましたかと尋ねると、「昨日からです。」そこで何かいつもと違う事をしたか尋ねると「そういえば昨日テレビで骨盤底筋体操の特集があり、自分も予防しようと一生懸命にしました。」骨盤底筋体操は腹筋の力を抜いて行うことが重要なのでそれを尋ねると、「はい。力を抜いてやってます。」しかし実際に自分の下腹部に手をあてて力を入れずにできているか体操を再現してもらいますと、「あれ、力が入っている。」と。これでは体操で予防するつもりが腹圧をかけて、骨盤臓器を押し出そうと努力をしているようなものです。実は私もやってみましたがこの方と同様、腹筋の力が入ってしまいした。そこでやり方に間違いがあるのか確かめたいと思っていたところ、女性骨盤底学会で、骨盤底筋体操の実践コーナーがあったので、インストラクターに指導を受けながら私も参加してみました。しかし指導いただくも、やはり腹筋に力が入ります。その後も、同様の訴えの患者さんがいらしたので、体操を中止してもらうと違和感や下垂感が改善しました。

    実例②

    80代女性:お風呂で洗っていたら股の辺りに何かあるのに気づいたという主訴で来院。きっかけは便秘で強くいきんだためでした。もともと便秘ではないが、一回の便秘でものすごく強くいきんだらしく、その後から違和感があり、お風呂で出ている事に気づいたそうです。

    実例③

    70代女性:下垂感で受診。この方は外科で、腹壁瘢痕(ふくへきはんこう)ヘルニア(昔受けた開腹手術による瘢痕が、薄く引き伸ばされてそこから腸が盛り上がってくる状態)の診断がなされていました。転んで圧迫骨折をおこし、身長がかなり低くなった後から、骨盤臓器脱が出現してきました。ペッサリー療法で骨盤臓器は収まりましたが、その直後から腹壁瘢痕ヘルニアが余計膨らんでしまいました。身長が縮んでも内臓の容積は変わりませんから、どこか柔らかい部分があれば、そこに飛び出して内臓の場所を確保したわけです。

    なお、私の外来患者さんの例では、若い頃の身長に比べて、大体5㎝以上身長が低くなると何等かの骨盤臓器脱症状が出現し、10cm低くなると確実に骨盤臓器脱が出現しています。
    背が低くなっても内臓の容積は同じですから、上下の高さが短くなれば、前後を広げて容積を保つ、つまりおなかがポッコリ飛び出して、内臓のスペースを作ります。もしそのスペースを確保できなければ、高い腹腔内圧が続き、息苦しいとか食べ物が十分入らないとか、何等かの圧迫症状が出現する事になります。しかし多くの女性は、おなかを引っ込めようと腹筋体操をしたり、補正下着をつけたり、よけい腹圧を上げてしまいます。その結果、内臓を包んでいる組織が負担に耐えられなくなり、弱い部分が外側に突出して戻らなくなります。女性の骨盤は出産のため男性より出口部が広く、伸びやすいため、ここから内臓が飛び出し、骨盤臓器脱となります。(男性では、骨盤底が伸びる代わりに、ソケイ部から腸が飛び出すソケイヘルニアが増えるのだと思います。)
    ですから理論的には、腹圧が高くなった原因を除去できれば、骨盤臓器は元の位置に戻せるわけです。圧迫骨折による低身長などのように不可逆的なもの以外は、努力次第で原因を解除できるものがたくさんあります。しかし、多くの患者さんは何が腹圧上昇の因子か、気づいていないためかえって悪化するような努力を行ってしまいがちです。

    当科の骨盤臓器脱患者さんにみられた腹圧上昇因子を次に挙げてみます。
    • 肥満(特に中年以降急に増加した場合)
    • 便秘
    • 猫背で頭の位置が体より前にある姿勢
    • 弾みをつけた反復運動の継続
    • 喘息や花粉症などの呼吸器疾患
    • 整形外科疾患や脳血管疾患により日常動作がぎこちない
    • 相対的力仕事(これは特に患者さんが自覚していない事が多く、若い頃より衰えた筋力で若い頃と同じ負荷をかけると、手足の力が足りない分、全身の力を動員する必要があり、腹圧上昇につながります。)など

    今年に入って、昨年からのコロナ自粛で家からほとんど出なかった高齢患者さんほど、足腰が弱り、特に何もしていないのに骨盤臓器脱が悪化し、手術件数が増えました。これは、相対的重労働による負荷だったと推測します。
    弾みをつけず、腹筋の力を抜いてできる筋トレと考えた時、インナーマッスルの体操が極めて重要になってきます。一定の姿勢を支え続ける時にこれらの筋力は発揮されるので、そういった体操を継続できれば、骨盤臓器脱の予防にもなるばかりか、筋力アップして生活の質が向上する事でしょう。私の外来で体操の会に参加し、継続している方からは、家事の疲れが軽減したり、歩行が軽快になったりとの意見も頂いております。

    骨盤底筋は全身の筋力を鍛える中で一緒に鍛えることが大切で、それがひいては、骨盤臓器脱の改善や予防につながると考えます。そういうわけで、仮に腹筋の力を緩めて骨盤底筋体操ができたとしても、お勧めしないのです。
    様々な事情で体操は難しいという方は、太っている方は痩せる、自分にとっての相対的重労働となっている事があればそれを減らす、便秘は力んで解消するのではなく緩下剤を使って腹圧をかけないで排便するようにするなど、骨盤底にかかる負担を減らすという観点で、生活を改善する事も有効です。

    最後に、手術療法は究極の対症療法であると認識し、術後に快適な生活を取り戻せたとしても、今までの生活習慣を必ず見直して、腹圧を下げる努力が必要です。そうでないと、高い腹圧の逃げ場を求めて別の場所が飛び出したり、腹圧性尿失禁が悪化したりする可能性があります。手術後も体操できる方は継続し、これらの注意事項を守って、生活の質を維持してください。

  • 放射線科診療放射線技師 ミウラ

    レントゲンコラム「被ばく」

    放射線=危険?

    診療放射線技師のミウラです。
    病院での検査などで目にする事のあるレントゲンですが、この仕事に携わっていると「放射線を浴びて身体は平気ですか?」という質問を時々受けます。検査のためとはいえ、放射線を浴びることに対して抵抗を感じるのは当然だと思います。では具体的にどのくらいの放射線を浴びたら危険なのでしょうか。なるべく分かり易く書いていきたいと思います。

    放射線はなぜ危険?

    まず放射線は危険という話をするにあたって、なぜ危険なのかを知っておく必要があります。身体に対して起こるメカニズムを説明していきましょう。
    人間の細胞の中にはDNAと呼ばれる身体の設計図情報を持った物質が存在します。放射線を浴びることでDNAが損傷しますが時間と共にDNAが修復されて元に戻ります。DNAの損傷は特に珍しいことではなく、呼吸によって発生する活性酸素などでも常に攻撃されています。簡単に言うとDNAの怪我のようなものです。
    小さな傷ならば正常な状態に治るのですが、深い傷や広範囲の傷を負ってしまうと治らなかったり誤ったDNA情報を構成してしまい発ガンの原因となったりします。
    つまり、「放射線が身体を通過することでDNAを傷つけてしまうが時間と共に治る。しかし長時間・広範囲・高エネルギーの被ばくをすることでDNAは修復しきれなくなり身体に悪影響を及ぼす。」ので放射線は危険だと言われています。

    被ばく量

    病院で使用されているX線は放射線の一種であり、体内の透過性の違いによる濃度差によって現れた画像を診断に利用しています。被ばくとは放射線にさらされることを意味しています。
    では実際に病院のレントゲン室で行っている撮影ではどのくらいの被ばくをしているのでしょうか?基本的には小さく薄い部位は線量を少なく、部位が厚くなり密度が高いほど多くの線量を使わなければ撮影はできません。
    そこで幾つかの例を上げたいと思います。

    (体格等により数値は多少変わります)
     健康診断で肺の写真を一枚撮影しました。⇒ 0.02(mSv)
     腹痛でお腹の写真を一枚撮影しました。⇒ 0.7(mSv)
     マンモグラフィの撮影をしました。⇒ 0.3(mSv)
     頭痛で頭のCTを撮影しました。⇒ 1.8(mSv)
     腹痛でお腹のCTを撮影しました。⇒ 6.8(mSv)

    矢印の後に書いてある数値は、人体への影響を加味した撮影時に必要な放射線の量だと考えて下さい。単位はミリシーベルトと読みます。
    しかし数値を出されただけでは、それが多いのか少ないのか分かりにくいと思います。
    そこで今度は「どのくらい放射線を連続して全身に浴びたら」身体にどの様な異変が起きるのかを書き出していきます。

     一時的に白血球数が減少する線量 ⇒ 250(mSv)
     吐き気や倦怠感を感じる線量 ⇒ 500(mSv)
     被ばくした人の20人に1人が死に至る線量 ⇒ 2000(mSv)
     ほぼ確実に命の危険に晒される線量 ⇒ 7000(mSv)

    このように書き出すとレントゲン撮影時の被ばく量をイメージし易くなったと思います。

    重要な前提「しきい値」

    まず、放射線の影響に関して「しきい値」というものがあります。これは「ある一定量を超えない限り影響を及ぼさない」というものであり、放射線はその「しきい値」の影響を受けます。
    次に、上記の異変が起き始める線量の前提が「その線量を一時に全身に受けた場合」というものです。つまり「全身に連続してその線量を受け続けたらこういった影響が出るよ」という事です。
    ここで病院のレントゲン室での撮影風景を説明しますと、手が痛いなら手だけ、膝が痛いなら膝だけ、頭のCTを撮るなら頭だけ検査をして、必要のない部位には極力被ばくしない様に撮影しています。なので、病院内の撮影では「全身に被ばく」という状況がそもそもあり得ません。

    発ガンの確率

    検査を受ける方の中には「放射線を浴びてガンにならない?」という疑問を持つ方もいらっしゃいます。では、被ばくによる発ガンの確率はどのくらいなのでしょうか?
    「全身に10mSvの被ばくによる致死性ガンの発生確率」という研究結果が公表されており、その数値は「1万分の4」、具体的に言うと「胸とお腹の一般撮影後にマンモグラフィ、そして頭とお腹のCTを撮影した全線量を一度にまとめて全身に浴びたら、その人は0.04%ガンの発生確率が上がってしまう。」ということになります。ちなみに0.04%とは2人でジャンケンをして7回連続あいこなしで勝ち続けるくらいの確率です。発ガンの可能性としては不摂生な生活を続ける方が影響が大きそうな数値でした。

    自然放射線

    人間が生きている限り受け続ける被ばくがあります。「自然放射線」というものです。
    自然放射線には、宇宙や大地等の体外(外部)から受ける放射線と、食物摂取や空気中のラドン等の吸入によって体内(内部)から受ける放射線があり、病院とは関係ない被ばくとなります。
    では年間でどのくらいの被ばくを私たちは受けているのでしょうか。

    「世界平均」
     宇宙線から ⇒ 0.39(mSv)
     大地から ⇒ 0.48(mSv)
     食物などから ⇒ 0.29(mSv)
     空気中のラドンなどの吸入から ⇒ 1.26(mSv)
     ⇒ 合計 2.42(mSv) 年間

    「日本平均」
     宇宙線から ⇒ 0.3(mSv)
     大地から ⇒ 0.33(mSv)
     食物などから ⇒ 0.99(mSv)
     空気中のラドンなどの吸入から ⇒ 0.48(mSv)
     ⇒ 合計 2.1(mSv) 年間

    日本の食物からの被ばくが多い理由は魚介類が食卓に並ぶことが多い食文化に由来しています。病院に行かなくても毎年頭のCT一回分くらいの被ばくを受けていることになります。
    飛行機に乗る方は高度による宇宙線の増加によりもう少し多めの影響を受けています。
    具体的には高度12,000mで1時間飛行すると約0.005(mSv)の被ばくと言われています。
    羽田⇔北海道を飛行機で往復すると約0.01(mSv)の被ばく量なので胸部レントゲン写真の半分の被ばくを受けたことになります。

    「被ばくが怖いからレントゲン検査を受けたくない」と考えている方は、「人類は誕生以来、常に自然放射線を受け続けている」という事実を知れば、恐怖心も薄れるのではないでしょうか。

    職業被ばく

    私たち診療放射線技師や医師、看護師など医療従事者が医療行為上被ばくする場合があります。これは被写体の保持や不動等が困難な場合に介護・介助を行う上で医療従事者が自らの仕事の結果として被る被ばくのことです。
    病院という場所的に健常者が行える行動が難しい方も多数みえます。そういう方に寄り添って業務を遂行すると職業柄どうしても被ばくしてしまう事があります。
    しかしそういった被ばくを最小限に抑える事ができるのが私たち診療放射線技師という職種です。

    病院で使う放射線って?

    病院で使用する放射線は「法的に管理された機器で必要な部位に必要な線量だけ資格を持ったスタッフが照射する」ものであり、事故などで見聞きする被ばくとは全く違うものです。
    場合によって患者に寄り添って職業被ばくを管理しているスタッフが扱っているものなので、安心して検査を受けていただいて大丈夫です。
    そして放射線を浴びるデメリットより検査結果を得る事によるメリットの方が遥かに大きいのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

    今回は放射線技師の立場からなるべくわかりやすく「被ばく」について書かせて頂きました。実際はもっと細かい説明が必要な箇所もありましたが分かり易さ優先でシンプルに説明しました。楽しく理解を深められた方が一人でも多くいれば幸いです。
    数値などは各種公表研究結果から抜粋しています。ここに感謝の意を示させていただきます。

1

ページの上部へ移動します